アルマの視力

THE TRICKTOPS首謀者・佐渡ツムジのブログです。

君は何故存在する?

いや、あの、つけ麺の話です。
東京に来て12年ほど経ちますが、未だにその存在価値がよくわからないものがある。

それが、つけ麺だ。

秋田にはつけ麺は無かった。

少なくとも僕は向こうで食べたことがない。


つけ麺。

ルーツは知ってる。

ラーメンの神様、山岸一雄氏が開発したと言われている。

言ってしまえは、ざる蕎麦のラーメン版?


わかる。

わかるよ。

美味しいのは美味しいし。

たまに食べるし。

お腹いっぱいなるしね。



わかるんだけど・・・




普通のラーメンでよくない?


と思ってしまうのです。


いや、別にディスりたいわけじゃないんす。

今日ふらっと入ったラーメン屋で。

食券機にオススメ!って書いてたから。

つけ麺食べたんす。

美味しかったし。

また食べたいと思ったんだけど。

つけ麺食べるといつも思うのが・・・




「普通のラーメンにすりゃ良かった」




なんです。

ほぼ100%で思う。

これただの好き嫌いの問題かなぁ?


なんか、つけ麺だからこその揺るぎないアイデンティティと普通のラーメンでは絶対に味わえないオリジナリティーを感じられたら変わると思うのだけど。

なんかどこか中途半端な食べ物に感じてしまうのだ。


おにぎり!


とか、もう完成されてるじゃない。

そんな腹のくくった料理が良いのだ。

ざる蕎麦は完成されてる。

歴史も長いし。


だからこそ、つけ麺にはまだ伸びしろがあるのかもしれない。

わからないけど。


このつけ麺食えて良かった!!


と思えるほどのつけ麺に出会いたいものです。


誰か知ってたら教えて。




あ、ちなみに同じような事は油そばにも感じております。


ま。

我々もそうか。

腹くくって、誰がじゃなく、自分がやりたいものやるべきだ。

ラーメンに、私はなりたい。

なんのこっちゃ。


スポンサーサイト
アルマの視点 | コメント:0 |
<<ブラッディ・マリー2 | ホーム | 分解したい!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |