アルマの視力

THE TRICKTOPS首謀者・佐渡ツムジのブログです。

広く、コンパクト

朝4時起きで、支度をし、こまち1号で秋田へ。
ま、もう着いてるんですけどね。
寒いな東北!

新幹線乗って、自分の席に着くと。
お隣にはおばちゃん。
すいませーん、と言いながら荷物を棚に置こうとすると。
荷物棚はすでに埋まってる。
なに?
ちょ、俺の荷物どうすりゃいいのさ。
そんな気持ちを飲み込み、仕方なく窓側の席へ。
キャリーケースとカバンを足元手元に置き、気持ち良く足も伸ばせない状態で席に座る。
これで秋田までか・・・
ちょっとへこんでると。

おばちゃんが、すいませーん、と話しかけてきた。
ああ、荷物のことですか、まあ、仕方ないですよ、と言うスタンスでイヤホン外したら。

「あの、隣(通路挟んで)にいるの夫なんですけど、席代わってもらえませんか?」

と。

はい?

ちなみに、通路挟んで向こう側の席も、荷物棚は埋まっている。

この、おばちゃん、荷物のことは何も考えていない。




図々しすぎやしませんかい!!!!




あんた、僕は自分で予約して窓側の席ゲットしてんのに、何を代われだい!?
しかも、行く先の棚もあんたら夫婦の荷物で一杯じゃないかい!
夫婦で隣に座りたい気持ちはわかるが、そんなら早く予約して席を取りなさいよ!(秋田新幹線は全席指定)
てか、棚!棚だよ!独占じゃん!周りの事考えてないじゃん!俺、席座る前、通路で立ち尽くしてたよね?荷物おけませんやん、てなってたよね!そこ気付こうよまず!てかマナー守ろうよ!

と。

僕は懐の小さい人間とお思いでしょうか?

違いますよ。

上記のブチ切れ内容はもちろん心の中にとどめてますし。
なんなら、席代わっていいですか?っていうのに対して。

「・・・いいですよ」

て言っちゃってますし。

ま、結果的に白髪短髪の主人の方が、いいよいいよ、と言って席は代わらなかったのですがね。

狭い思いして秋田までてやってきたのには変わりないすけど。


年齢なんて、関係ないね。
マナーうんぬんはその人個人の問題。
図々しいスタンスで来られたら、こっちは広い心を見せるスタンスですわ。

それに、座り方次第で足を伸ばせることは判明しましたし(キャリーケースを股で挟むスタイル)。
こまちがスーパーこまちに切り替わり、車内の広さを体感出来ましたし。
得られるものはあったっちゅうことですわ。
そこで、その状況で、何を得るか。
大事ね。

なんて言いつつ。
実際はそんな怒ってもいない。
変な座り方だったけど、お気に入りのアーティストのアルバムを、歌詞カード見ながらじっくり堪能出来たので、比較的ご機嫌。



したら、2時間ぐらい寝てた。
したら、おばちゃんと主人が何故か席代わってた。
寝相悪かったか?
そうだったとしたらごめん。

ま、寝苦しい姿勢だったんでね。
おあいこってことで。
わからんけど。


心の風呂敷包みは広く。
でも荷物はコンパクトに。
の方が色々得だって話でした。


これこまちね。
レッドの車体かっこよす。


スポンサーサイト

アルマの視点 | コメント:0 |
<<そのスマイルに参る | ホーム | アルマの視力はどれくらい?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |